急がば回れの音楽制作


読み方 / モットー / 目次 // もどる
<サンプルのMIDIファイル(SMFフォーマット1)が再生できない方はQuickTime Playerを使用してみてください>

作曲から公開まで、音楽の経験がまったくない人が入門レベルに達するために、筆者が「最終的な効率がよい」と考える練習法を、なるべく実例を交えながら紹介する。ある程度経験がある人にとっても、制作手順を見直す機会になるかもしれない。

手っ取り早さを優先する人は、とりあえず一足飛びの音楽制作を先に眺めて、もっと練習したくなってから読んでも構わない。ReaperやDominoの大まかな操作と設定も紹介している。制作環境構築の総合情報が欲しい経験者はローコストな音楽制作を参照してみて欲しい。放送向けの情報はストリーミング放送の音声技術に掲載している。

制作対象はメロディ主体のポピュラーミュージックで、歌モノかインストかは問わない。コードネームを中心とした理論にも触れる(練習の段階に応じて必要最小限の理論だけを補っていく)。1人〜数人くらいの規模で、打ち込みも活用しながら(または打ち込みだけで)の制作がメインターゲットである。


このコーナーの読み方

本文中に「もっと詳しい情報」へのリンクが多数あるが、初めて読む場合にはすべて無視して構わない(内容を理解して、もっと詳しく知りたくなってから参照すればOK)。知識的な情報も多数掲載しているが、実際に制作をやりながら読まないと理解できないだろうし、仮に理屈だけ覚えても役には立たないだろう。

「〜には目を通してあることを前提に話を進める」とか「〜の内容を理解している前提で話を進める」と書いてある場合は先にリンク先を読んでおくことを推奨するが、わからない話が出てきてから内容を確認しても遅くはないと思う。

他のコーナーでも何度も断っているが、筆者は音楽理論を体系的に勉強したことが一度もないし、楽器がまともに弾けるわけでもない。それぞれの記述はある程度割り引いて受け止めるとともに、理論的な裏付けは外部リンクのページから辿れるサイトなどを参照して各自が取って欲しい。

当然ながら、紹介している制作方法が必ずしも正しい/効率的なやり方である保証はない。筆者自身が製作した曲を別のページに、音声加工系のサンプルファイルはローコスト制作のファイル配布ページに掲載しており、記事中にもできるだけ実際の作業例を挙げている。参考にすべきor信頼に足る情報かどうかは、自分の耳で判断して欲しい。


このコーナーのモットー


目次

作曲:基礎編基礎完成編トラブルシューティングとFAQ知識補充編自動作曲を手作業で真似る(番外編)

作詞:心得と注意点

編曲:予習編基礎編基礎完成編知識補充編計画的な編曲ドラムス(番外編)ベース(番外編)鍵盤(番外編)

記録:録音打ち込みとMIDI

加工:注意点などモノミックスを作ろうイフェクタを知ろう厚化粧の作法(番外編)

楽器:楽器の練習シンセ入門エレキギターの扱い方直球勝負のエレキギター

その他:曲ができたら余談など最後に



もどる

自滅への道トップページ