各キャラの紹介


デミ / / ビク / レイ / ザベ / モリ / 王様
/ / ビシャ / / ドノ / カッチ / フォボ / パイ
// ダイヤグラム // 少しだけ詳しい攻略 // もどる

各キャラの紹介を、ほんのさわりだけ。カッチ以外はずぶの素人なのでおかしなことを書いているかもしれない。ツッコミ歓迎。

キャラの総合力としては、ビシャとカッチが頭ひとつ抜け出してはいるが、犬・フォボス・魚・モリ・パイロン・ザベルまでの上位グループなら、どのキャラでも十分にトップを狙える。王様・デミ・猫・レイレイの下位グループは、特定キャラにまったく勝てなかったり上位陣に平均的に厳しかったりと不利な要素が増えるが、努力次第で希望が見えなくはない。ドノも職人キャラだと思えばまあ終わってはいないくらいのポジション。ビクトルだけは話にならない戦力なので人並みはずれたプレイヤー性能と根性を兼ね備えないと使いこなせないだろう。



デミトリ

ダッシュ(見てから止めるのは無理)からの2択とめくりを絡めたジャンプラッシュが強い。ガードさせてもほぼ反撃は受けず低い位置にくらい判定がない大足払い(そのくせリーチはさすかっちとほぼ同じ)も地味に強い。パンチ技に似たようなモーションの技が多く、下小P>遠中P>遠大Pの正拳3段がなんとなくステキである(下中Pを使ってもよいが見栄えに劣る気がする)。

ちょっと距離が離れると(たとえゲージがあったとしてもダッシュ攻撃はバクチにしかならないので)垂直ジャンプでのじらしやバットスピンでの嫌がらせなどで地味に対応する必要がある。大足やキャンセルファイアなどで外側からもある程度攻められるが、強引に攻めようとするとダッシュからの2択かジャンプ攻撃に頼ることになる。ガードリバーサルのリーチの短さと無敵の短さはかなり痛いが、決め打ちできるのはプラス。

2択だけでなく普段の立ち回りに組み込んで使えれば、食いが攻めの要として十分機能する。だましや不意打ちのセンスが必要だろう。2636>中P>KK(空キャンセルブラスト)で、投げを仕込みつつ無敵技で抜けた相手にブラストをお見舞いするというネタ技もある(小ダウンからの復帰などに重ねる)。

地味な攻防でのゲージためと、間合いを離してしまったとき(とくに大足をガードされた後)の捌き方に工夫が必要。遠距離戦でごまかしきれないザベ・ビシャあたりは厳しそう。近距離での守りは堅いので、接近戦型キャラはわりと捌きやすい。頭上の守りが弱いキャラも楽かも。弱いとまでは言えないが、地味につらい。

ちょっとだけ詳しい解説



ガロン

あまり知らないキャラ。まずなにより背が低いために攻撃をくらいにくい。そのうえ28Kで出る無敵技まであるので、空中攻撃重視のキャラにとっては非常にやりにくい相手。

中間距離では判定の強い下中Pと速いジャンプ攻撃が使えるが、ダッシュ攻撃が地上技につながりにくいので単打中心になる。近距離でも、隙の少ない下小Kや出が早くてリーチも長い下小Pが使える。深めの裏落ちジャンプは、大Pだと表当て、小Kだと裏当てになることが多く、そこから小Pにつながるので切り札になりえる。ミラージュを発動できれば中段であるダッシュ攻撃が威力を発揮するが、隙が大きいのでなかなか難しく、ミラージュの分身の攻撃は中段にならないので、発動さえできればなんとかなるというものでもない。ビースト(ガードリバーサル含む)は出が非常に遅い上、見切られると判定も弱いので乱用は禁物(ただし、ガードリバーサルをガードリバーサルで返された場合には引っ掛かりにくい)。相打ちファイアーは地味に脅威。小P以外はガードリバーサル耐性の低い技ばかりなので、ガードリバーサルが早い相手には打撃をある程度散らす必要がある(座高が高い相手でも、ビクトル以外は小Pをガードリバーサルで切れる)。

お互いに決め手がない状態からじわじわと体力を奪い、焦った相手につけこむような戦い方になるので、センスを問われる。生命線である下中Pが通用しにくい相手は下小Pなども有効利用していかないと厳しい。ビシャやカッチの相手が比較的楽なのはプラス材料。潜在能力はあるが地味。

ちょっとだけ詳しい解説



ビクトル

終わってる。以上。・・・というだけではアレなので、一応解説をこちらに。



レイレイ

投げが強く、起き上がりも追い討ちも早く、そこそこ使えそうな技も一通りそろってはいるのだが、強引に攻めることができず、決定力に欠ける。実はかなり座高が低い。

低空ダッシュはかなり高性能だが地上技につながらない。ブランコからの2択も強力ではあるが、そうそう多用できる技ではない。密着では、投げ、ダッシュ、低空ダッシュなどを織り交ぜてかなり高度な攻めができるが、技術的な要求も高い。対空とガードリバーサルに不安があり、横幅も広いので防御面は厳しい。

なによりも、まともに戦おうとすると必要な作業量(判断と操作の両方)が相手よりも圧倒的に増えてしまう。他のキャラと互角に戦うには、プレイヤーに相当の熟練度が必要。縦横関わらず押しの強い相手は厳しい。ややつらいキャラ。

Rさんのレイレイ攻略



ザベル

詳しい解説はHGWに任せる(というか攻略書いてよ)が、とりあえずリーチが長く判定の強い技がそろっている。

当然中距離で押さえ込んでいくことになるが、ジャンプ技もかなり強いのでそちらも活用(ただし、地上空中ともに技の使い分けがかなり難しい)。押さえ込みに成功したら、比較的高性能な低空ダッシュ、長い下段コンボなどを使って体力の削り取りにかかる。が、単打中心の攻撃なのでペースは握っていても攻め切れないということになりがち。下大Pが対空になり、ガードリバーサルも竜巻コマンドで出しやすいので守り自体は弱くはないが、ダウンさせられてn択から一気にドカン、とやられるとジリ貧になる。

地上戦につきあってもらえない王様あたりが厳しいか。1発のないキャラには安定して戦える。事故に弱い面はあるがいちおう標準的な強さ。

ちょっとだけ詳しい解説



モリガン

密着からの下段、中段、裏回り中段、投げを絡めた攻めが非常に強い。移動力が非常に高く投げも強力、大足払いもデミと似たような性質だがリーチはやや短い。ジャンプ技は特筆するほど高性能ではないが、空中フィストを使って変化をつけたり空中ダクネスで1発を狙うことが可能なのでいやらしい。地味な特徴として、しゃがみ通常技を潰されるとなぜか立ちくらいになる。

画面端に追い詰めると、起点に飛び道具を使った攻めもできるので攻撃力が上がる。距離が開くと中P、下大PorK、フィストなどに頼ることになり、相手を押さえ込むのは無理だが、ジャンプ、ダッシュ、縦ダッシュなどを使い分ければ接近能力は高い。シャドブレに引っ掛かるとその後が怖いので、相手が思いきった攻めをしくいというのも強みの一つ。シャドブレは対空やぶっ放しOKガードリバーサルなど非常に活躍する。ESシャドウブレイドとダクネスという2大無敵技による割り込みも強力。

手先足先を当てるようにすると通常技(空中含む)が妙に強力なので、間合いを身体で覚える必要がある。下大Pは尋常でないリーチと判定を誇るが、これを振らざるを得ない相手=モリが苦手な相手と考えてよいだろう。ダクネスを途中まで保険入力しておいて、下大Pが空振りだったらぶっ放すという対応を何度か見せておくと、中距離での差し合いがまったく違ったものになる(乱用すると見られるが)。

攻めも守りも一級品だが、判定の強い技を振り回せるタイプのキャラが苦手。高水準な強さだが圧倒的に押し切れるキャラも(上位陣の中では)少ない。



王様

あんまりよくわからないのだが・・・とにかくプレイヤー性能(熟練度も必要だが、反射神経などの身体能力)がモノを言う。ターボなしにすると途端に強い。1フレーム投げなどのメカニズムが判明してきてかなり地位は下がったが、常に時間切れ逃げ切りを狙えば現在でも十分戦えるキャラだと思う。

浮かれたときに落とせるかどうか、しゃがみ待ちを崩せる技があるかどうか、投げ絡みのループが強力かどうかなどが相性に大きく関係する。弱いとまでは言えないが、一部のキャラに非常に厳しい。



これもあまり知らないキャラ。ダッシュ攻撃は早いが地上技につながらない。小P、中K、大K、足払い各種、下中P、サンドスプラッシュなど、それなりに使える技はあるが、どれも使う場面を選ぶ。

対空は下中Kが強いが、その後の展開を考えると(反応はシビアになるが)遠小Kや近大Kを使いたい。スクラッチもかなり強いが空中ガードされるとオツリをもらう。場合によっては転がりなども使う。ガードリバーサルが遅いので攻め込まれると厳しい。かといって常に相手を寄せ付けないほど中間距離で強いわけでもない。1発をもらわないように細心の注意を払いつつ技を差し込んでゆき、隙を見てジャンプからの3択(空中1段or2段or空ジャンプ)を仕掛けたい。

癖の強い技が多く、攻めが奇襲(というか遊撃)中心になるので、センスが問われると思う。細心の注意を払いつつとは言っても、カッチ、モリあたりの攻めを無事故でしのぐのはほぼ不可能なのでダメージ効率で負けやすい。ややつらいキャラ。

ちょっとだけ詳しい解説



ビシャモン

攻撃力が非常に高い。間合いに関係なく非常に痛いコンボがあり、コマンド投げが使いにくい代わりに近い間合いでの中攻撃キャンセルだと確定で入ってしまう鬼首がある。下中Pと刀投げが極悪な性能を誇り、これで動けなくした相手にダッシュからのラッシュをちらつかせ、暴れた相手を切り刻んでいく形になる。居合やレバー大Pで相手の垂直ジャンプを封じ込めるのも強い。ジャンプ攻撃は判定が強いが、多段攻撃のリロードが長いので工夫のしどころになる。

ジャンプ攻撃での押し、高性能な地上固め(密着で当てると17フレームも有利な刀投げが非常に強い)、ダッシュからの攻めをちらつかせつつの暴れさせて反撃モードなどで攻めたて、相手の反撃、ガードリバーサルの暴発、対空ミスなどを誘って1発を狙う。防御面では、キエンはさすがに高性能だが、対空はあまりぱっとしたものがない。垂直ジャンプでの捌き方が重要になる。

無敵技はガードしても十分痛い反撃が可能なのでそれほど苦ではない。キエンがあるので「とにかく一度ダウンさせて1発狙い」というのにも対応可能。どんどん飛び込んでくる相手への、垂直ジャンプを中心とした捌き方がポイントになる。安定して強いが穴がないわけではない。

ちょっとだけ詳しい解説



オルバス

ガードリバーサルが地上ヒットするとダメージが大きい。中K(キャンセルでダッシュのほか、ソニックや泡や毒もある)と大Kが強く、犬以上に姿勢の低い攻撃ができるため、ある程度の横押しができる。安定はしないが、キャンセルダッシュを絡めた固めもかなり強力。

中段やめくりがなく、ビシャと違ってジャンプ攻撃や投げもさほど強くないので、力ずくで押しきることはできない。通常投げ(2段)の威力が大きいのはプラス。これといった対空がなく(トリックフィッシュも信頼はできないし、中Pで相打ちを取るくらい)ガードリバーサルも非常に遅いので、接近戦型のキャラに攻め込まれると困ったことになる。中Kを当てた後の行動は超音波、毒霧、チェーン大Kなどがあるが、どれも一長一短でやはり攻め込まれやすい。ダッシュで相手の飛び込みをくぐってからの対応でなんとかごまかし切りたいところ。

横押しをしつつ、どこかで超音波か毒霧を引っ掛けて1発を狙うスタイルになる。隙を見て泡や水柱で畳み掛けるのも重要。ジャンプから強力な攻撃や変化があるキャラが苦手。標準的な強さだが安定はしにくい。



ドノヴァン

弱い、が、ビクトルよりは上。けん制技の性能が酷すぎるし、投げ(なぜか弱い通常投げ)、中段(飛び込みと神の足だけ・・・)、めくり(太いキャラなら一応裏落ちできるが・・・)、対空(弱すぎる下大P、出が遅い癖に早出しするとジャンプ攻撃に素で負ける変身)などロクな性能ではない。剣刺してナンボだが剣を刺すと本体が弱い。以上。

具体的な攻略はヴァンパイアハンター・ドノヴァンが詳しい。



サスカッチ

攻めると鬼のように強い。

中距離で頼れる技に乏しいのは厳しいが、ロングダッシュコンボの研究やショートダッシュの発明で中段が充実した。防御面でも、ガードリバーサルの貧弱さはどうにもならないが、タワーがあるので手詰まりにはなりにくい。

ラッシュをかけやすいキャラは圧倒できる。投げ返しの威力が半端ではないので、投げないことには結局どうしようもないタイプのキャラにも強い。ラッシュに隙がなく主導権を取って押せるタイプのビシャとモリは苦手。強いが安定はしにくい。



フォボス

よくわからない。空中からの択一攻撃、コンフュージョナーでの1発、遠距離での押さえ込み(というか弾幕)など、そこそこオールマイティな強さを発揮する。

立ちとしゃがみの中Pが強い。小回りが利くキャラではないので、密着されると厳しい。なんとか立ち回りを工夫して遠距離で追い払いつつダメージを稼ぎたいが、そうそう完全に封じ込められるものでもない。なぜか、通常技に受け身を取られない。癖はあるが標準的な強さ。



パイロン

これもあまり知らないキャラ。大Kと下大Pの判定の強さが尋常ではなく、機動力もあり、レバー大Pが小ダウンになるので、逃げても攻めてもそこそこ強い。足が速く通常投げの間合いが広いこと、急降下パンチ空振り中段が早いこと、竜巻をガードさせた後の相手の硬直が非常に長いことなどから、かなり強力な攻めができる。起き上がり、追い討ち、ガードリバーサルの発生が早く、投げも強いのは有利な点。

対空が安定するのでジャンプ攻撃に依存するキャラ(ビシャ除く)はわりと楽か。対空の安定しないキャラも押し切れることが多いだろう。安定感があるが突出しているわけではない。

ちょっとだけ詳しい解説



もどる

自滅への道トップページ