蒸留酒の分類とスタンダードカクテル


ウィスキー / ブランデー / その他のスピリッツ / リキュール / カクテル // もどる



ウィスキー

麦芽の酵素で糖化、酵母で発酵。チェイサーとともにストレートで飲んだり、ロックや水割りにする。バーボンはフランスのブルボン家が語源で地名の方が後らしい。

名称 主な産地 特徴 代表商品
スコッチ スコットランド 大麦が主原料、peatで燻蒸 バランタイン・ジョニーウォーカー・オールドパー・カティサーク・シーバスリーガルなど
バーボン ケンタッキー州バーボン郡 トウモロコシが主原料、焦げた樽を使う IWハーパー・アーリータイムス・フォアローゼズ・ジムビーム・イエローローズなど

上記以外では、アイリッシュ(アイルランド)・テネシー(テネシー州)など。



ブランデー

果実酒を蒸留、常温のものをストレートで飲む。

名称 主な産地 特徴 代表商品
コニャック コニャック市 白ブドウを酵母で発酵 レミーマルタン・ヘネシー・カミュなど
カルバトス ノルマンディ地方カルバトス県 リンゴが原料  
マール/グラッパ フランス/スペイン ブドウの搾り粕が原料  

上記以外では、アルマニャック(アルマニャック地方、原料白ブドウ)など。



その他のスピリッツ

一般に、単式蒸留(ごくシンプルに1回だけ蒸留する)のものは風味が強く、連続蒸留(蒸留を何度も繰り返す)のものはすっきりとしている。

名称 主な産地 特徴 代表商品
焼酎 日本・韓国 麦や芋が原料、こうじで作ったもろみを搾って蒸留 日本国内には乙類(単式蒸留)と甲類(連続蒸留)の分類がある
ウォッカ ポーランド・旧ソ連地域・北米(北米にはフランス経由で伝来) 麦や芋が原料、連続蒸留後白樺炭で濾過、ストレートで飲む ベルヴェデール(ポーランド)・ズブロッカ(ポーランド)・スミノフ(アメリカ)・スピリタス(ポーランド)・ストリチナヤ(ロシア)・アイスバーグ(カナダ)・グレイグース(フランス)・アブソルート(スウェーデン)・フィンランディア(フィンランド)など
ラム/ロン 南米 サトウキビの搾り粕(糖蜜)が原料、酵母発酵もしくは自然発酵 マイヤーズ(ジャマイカ)・バカルディ(キューバ)・ロンリコ(プエルトリコ)・コイーバ(キューバ)・キャプテンモルガン(プエルトリコとジャマイカ)・ロンサカパ(グアテマラのサカパ県サカパ市)・モカンボ(メキシコ)など
ジン(ドライジン) イギリス ジュニパーベリーでフレーバーをつけた蒸留酒(スローベリーフレーバーのものはスロージン) ビーフイーター・ゴードン・タンカレー・ウィルキンソン・ボンベイサファイア・など
ジェネバ(オランダジン) オランダ 古い製法(単式蒸留)のジン  
テキーラ ハリスコ州テキーラ村(メキシコ) アガベ・アスール・テキラーナ(竜舌蘭の一種)と砂糖が原料 クエルヴォ・エラドゥーラなど



リキュール

蒸留後にフレーバーをつけたもの。

名称 原料 風味
カシス 黒すぐり 甘酸っぱい
カンパリ 不明(薬草?) 苦甘い
ピコン 不明(薬草?) 苦甘くフルーティ
ビターズ 不明(薬草?) 苦い
シャルトリューズ 不明(薬草?) バリエーションがありさまざま
キュラソー オレンジの皮 オレンジの香りと甘味
カルーア コーヒー コーヒーの香りと甘味、バニラの風味

薬草・香草系のリキュールは材料が不明なものが多い。醸造酒にフレーバーをつけたものとしては、ベルモット(ワインとハーブ:甘口のスイートベルモット/イタリアンベルモットと、辛口のドライベルモット/フレンチベルモットがある)など。



カクテル

原則として、氷が入るものはロングドリンクカクテル(タンブラーやサワーグラスなどを用いて比較的長時間かけて飲む)、入らないものはショートドリンクカクテル(カクテルグラスなどを用いて比較的短時間で飲む)とされる。

名称 材料 備考
スクリュードライバー ウォッカ・オレンジジュース サワー(蒸留酒+柑橘類ジュース)の代表格。サワーグラスで飲む。ジュースをグレープフルーツに変えるとブルドッグ、さらにレモン汁で湿らせたグラスのふちに塩をつけてスノースタイルにするとソルティドッグになる。
ジンライム ドライジン・ライムジュース・氷 ステアもシェイクもしない(シェイクするとギムレットになる)。トニックウォーター(風味をつけた炭酸水:風味なしのものはソーダ)を入れたものがジントニックで、トニック(蒸留酒+柑橘類+トニックウォーター)の代表格。
ジンフィズ ドライジン・レモンジュース・砂糖・ソーダ・氷 フィズ(蒸留酒+柑橘類ジュース+ソーダ)の代表格。ソーダ以外をシェイクしてから注ぐ。オールドトムジンをベースにコリンズグラス(ゾンビグラスまたはトールグラスとも)を用いるとトムコリンズになる(コリンズ系もベース違いのバリエーションが多い)。同様のロングカクテルはスリングと呼ぶことが多いが、ソーダに代えて水やお湯を使うこともあるそうな。レモンジュースに代えてミントの葉を使うスリングはジュレップと呼ばれる。シェイクしない炭酸系のカクテル(あるいは、フィズも含めた炭酸系カクテル全般)をクーラーと呼ぶことがある。
モスコミュール ウォッカ・ライム・ジンジャービア(ジンジャーエール) 銅のマグカップで飲む。ミュールはラバが原義で「強い酒のカクテル」の意。地名+ミュールで、メキシカンミュール(テキーラ)やジャマイカンミュール(ラム)などのパターンがある。
ブラッディマリー ウォッカ・トマトジュース・レモン タンブラーやサワーグラスを使う。ジンベースだとブラッディサム、テキーラベースだとストローハット、ビールベースだとレッドアイなどバリエーションやレシピ違いが多い。
マティーニ ドライジン・ドライベルモット・オリーブ プレディナーカクテル(食前酒)にもする。カクテルの王様と呼ばれ、ジンの量が多いものはドライマティーニと称する。オリーブではなくパールオニオンを添えたものはギブソン(水に見えるくらい透明なものが好まれる)という。ウィスキーベースにするとスモーキーマティーニ。
マンハッタン ライウィスキー・スイートベルモット・ビターズ(・チェリー) プレディナーカクテルにもする。カクテルの女王と呼ばれる。ウィスキー・ドライベルモット・ビターズ・オリーブでドライマンハッタン。ライウイスキーではなくスコッチウイスキーを使ってイギリス風にするとロブロイ、ブランデーベースだとキャロル、ラムとベルモットだけだとリトルプリンセス(またはポーカー)。
サイドカー ブランデー・キュラソー・レモンジュース シェイクする。ベースがジンだとホワイトレディ、ラムだとXYZ、ウォッカだとバラライカになる。
マルガリータ テキーラ・キュラソー・ライムジュース・塩 スノースタイルで。クラッシュドアイスを使ってフローズン(ようはカキ氷)にすることも多い。
アラスカ ドライジン・シャルトリューズ シャルトリューズの種類やレモンジュースを入れる入れないで名前が変わる。
シャンディガフ エール・ジンジャービール イギリス式。
ブラック・ベルベット スタウト・シャンパン 同時に注ぐ。
カンパリソーダ カンパリ・トニックウォーター・氷 プレディナーとして出せる。カンパリ・オレンジジュース・氷だとカンパリオレンジ。
ダイキリ ラム・ライムジュース・砂糖 キューバの特産品総出演。
キール 白ワイン・カシス プレディナーカクテルにもする。
カルーアミルク カルーア・ミルク・氷 ロックグラスを使う。フロート(ステアせず比重に任せて分離したまま)やホットにすることもある。

以下は番外編

名称 材料 備考
グロッグ ラム・水 ラムの水割りをグロッグという。コーラ割りはキューバリバー。
ホッピー ホッピー(ノンアルコールビール)・焼酎 氷を入れる場合もある。
爆弾酒 蒸留酒(焼酎・ウォッカ・ウィスキーなど)・ビール 韓国発祥らしく、本場ではジョッキの中に猪口のようなものを落として作るらしい。
お湯割り 焼酎・お湯・梅干し まれにだが、ウーロン割りにも梅干しを入れることがある。
ロシアンティ ジャム(ママレード・りんご・ブルーベリーなど) ジャムをウォッカでのばしたものをなめながら紅茶を飲む。



オマケ1(酒の量)

ヨーロッパ(またはその植民地)起源の酒は、普及当時のオンス基準が多い。現在は瓶や缶の多くが量産品であるため、12米液量オンス≒355ml(4分の3パウンド)や24米液量オンス≒710mlがよく使われる(4分の3リットルで750mlというのも多い)。

ヤードポンド法自体、国や時代によって異なる値が使われ一定でない(イギリスにおける英オンスと日本における英オンスなども微妙に違う)が、だいたいの値として
1米液量オンス≒29.5735ml、1米液量パイント=16オンス≒473ml、1米液量ガロン=8パイント≒3785ml
1英液量オンス≒28.4134ml、1英液量パイント=20オンス≒568ml、1英液量ガロン=8パイント≒4546ml
くらい。

もし4ユニット(定義はいろいろだが、ここではエタノール100ml分≒ウイスキー8ショット≒ワイン1本≒日本酒4合≒ビール2リットルくらい:かなり酒に強い人でも常習的に飲むには危険な量)を「1人前」とするなら、多くの蒸留酒は3人前でフルボトルということになる。



オマケ2(ジャンル別で好きな酒)

バーボンはIWハーパーの12年、ウォッカは無印ベルヴェデール(情報が混乱していてよくわからないが、2005年4月にフランスのモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの完全子会社になっているはず)、泡盛は久米仙。これはそうそう動かないと思う。格が違う。ジンはタンカレーNo10、ロン(ラム)はロンサカパかモカンボ、スコッチは外ではあまり飲まないが若いときに初めて飲ませてもらったジョニーウォーカーの青にはびっくりした。ウイスキーはブレンデッド派でシングルモルトは外で勧められないと飲まない(カクテルベースにはする)。

唯一嫌いな酒だった紹興酒は、中華屋で働いているときに安物でさえなければうまいことを教えてもらった。麦焼酎は泰明(のちょっといいの)が置いてあったときくらいしか飲まないが嫌いなわけではない。芋焼酎はとくにこれと決めた銘柄はなく、泡盛があればそっちにしてしまう。スピリタスを(ラッパ飲みはもちろん)ショットで飲むようなことはもうあるまい。醸造酒は(体質的に)あまり得意でないが日本酒を飲むなら酔鯨。ワインはわからない(嫌いなわけではない)のでほぼハウスワインしか飲まない(店さえ選べば十分楽しめるものを選んでくれる)。梅酒も好きで、銘柄はあまり気しないというか、たくさんあると全種類試したくなる。頼む酒に困ったら梅酒。最初から最後までずっと梅酒。リキュールではカンパリもお気に入りで、ソーダよりはオレンジが好き。

家ではそんなに頻繁に飲酒しないが、飲むときはなぜかウイスキー中心。バランタインの青とかジョニーウォーカーの黒とか、「混ぜてももったいなくないしロックでもまあイケる」クラスが、家で飲むならちょうどいいと思う(筆者はいい酒は外で飲みたい派)。この辺を狙うとバーボンが難しく、フォアローゼズの黒ならスコッチの方が安いし、フタがあけにくいのをガマンしてメーカーズマークのレッドキャップあたりが無難か。熟成が長いバーボンもいいものだが、ちょっと敷居が高い。エライジャクレイグとかエヴァンウィリアムスとかオールドエズラなんかがラインナップしている12年ものなんかは手ごろだが、小売が豊富でない。家ではわりと穏やかな飲み方で、1日に3ユニット以上飲むことはほとんどない(外でも6ユニットは超えないように心がけているが、たまにやらかす)。

実はビールも好きで、バス・ペールエール、コゼル・ダーク、エーデルピルスあたりがお気に入り。最近国内メーカーの扱いが広がっているようで嬉しいが、ビールがデリケートな生鮮食品だということをしっかり理解してくれている小売店はそう多くないように思う。酒屋を選ぶとき、品揃えを眺めてから瓶ビールを買ってみることがほとんど(外で飲むときも、初めての店ではたいてい生ビールから頼む)。コロナもけっこう好きだったりする(あの嘘臭さがいい)。2015年くらいから国産のプレミアムビールがやたら増えたような気がするが、エビスマイスターはけっこうよかった。普通の国産だとクラシックラガーとか黒ラベルあたり、北海道限定品だがサッポロクラシックも疲れているときなんかに飲みやすいと思う。



もどる

自滅への道トップページ